Preventive Dentistry|横浜市青葉区たまプラーザ駅徒歩3分の歯科医院-審美歯科・インプラント

Preventive Dentistry予防歯科

なぜ歯周病が怖いのか!

全身の病気への影響度が高いことをご存じですか?

歯の少ない人ほど、医療費が高いという相関関係があることが、色々な行政の調査で判っています。歯は食べ物が初めて出会う「消化器」であるだけに、歯を失うと、からだ全体に及ぼす影響が高いのです。さらに、例えば歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることがわかってきています。

ex.)よく噛まずに飲み込むことで胃への負担が大きくなるなど、

歯周病菌が全身の病気を引き起こす理由は、歯肉にある豊富な毛細血管にあります。歯周病原因菌が歯肉組織まで侵入してくると、豊富な血管に入り込み、血液を介して全身までまわります。その結果、身体の各部にまで、病気を発症させることになるのです。

関係性が問題となっている病気

  • : 認知症・脳梗塞
  • 心臓: 細菌性心内膜炎・心筋梗塞・狭心症
  • 血管: 動脈硬化
  • : 肺炎
  • 子宮: 低体重児出産・早産

その他に、糖尿病・がん・骨粗鬆症・パージャー病・HIVなどに関連性があると証明されています。

歯を失う最大の敵「歯周病」を知ろう!!

平成17年の財団法人8020推進財団調査によると、日本で歯を失う最大の原因は、歯周病という結果がでています。また、20歳代までは歯を失う原因のトップがむし歯だったものが、30歳を過ぎたころから、歯周病に取って代わります。

現在、日本では30歳代の約8割が歯周病にかかっていると言われ、「35歳以上の約70%が、むし歯ではなく、歯周病が原因で歯を失っている」と報告されています。歯周病が大きな要因となり、50歳代を境に急速に自分の歯が失われていることがわかっているのです。つまり歯を失わないようにするには、「歯周病」を予防することと言っても過言ではないのです。

なぜ定期健診・歯周病予防が必要なのか?

  • 歯周病の早期発見による治療が可能になり進行を抑制できます。
  • 前回の症状と比較することで、的確な治療方法が提案できます。
  • 症状にあったブラッシング指導ができます。
  • ブラッシングだけで取れない歯石を取り除くことができます。
  • 歯周病は全身へ様々な影響を及ぼす怖い病気です。かかりつけ医を持つことで、他の病気との関係性をしっかり把振できます(高血圧の薬などある種の薬には歯周病を悪化させるものがあります)。

歯周病とは

歯周病は歯の表面につくプラーク(食べかすに集まった細菌叢)やプラークが唾液の中のカルシウムと結合した歯石によって引き起こされる、「歯の周りの病気」です。歯肉の炎症による出血、腫れは歯肉炎であり、歯を支えている歯槽骨が破壊されると歯周病と分類されます。世間一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎をいいます。

歯肉炎

歯肉辺縁に付着したプラークにより、歯肉のみに炎症が起こった状態です。初期治療で完全に治癒します。 放置すると、歯周病に発展してしまいます。

成人性歯周炎

もっとも多いタイプの歯周炎で、比較的ゆっくりと進行します。初期にはほとんど症状がなく、放置するとひどい場合には、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

若年性歯周炎

10代から20代前半の若年者におこる歯周炎です。

ほとんどの大人がかかっている歯周病

35~44歳の人ではおよそ85%、45~54歳では90%の人が歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても歯周病にかかっていることになります。

歯周病の進行状態

  1. 健康な歯肉には、スティップリング(みかんの皮のような状態)がみられます。
  2. 歯の付け根の周囲に、プラークがたまり歯肉に炎症が起こります。少し腫れることによりスティップリングが消失します。ブラッシングした時に出血することがありますが、まだ痛みはありません。
  3. プラークが歯石になり、表面がざらざらすることによりプラークが付着しやすくなります。大量に集まってきた歯周病の原因菌は、空気が嫌いなので歯肉溝の深い場所により集まり、歯と歯肉の付着を破壊し、歯根と骨を結合する歯根膜の中にまで浸透していきます。その溝が歯周ポケットと呼ばれます。炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。
  4. 症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨の破壊が進行し、歯がぐらぐらしてきます。出血や口臭も強くなり、常時ウミが出てくるようになります。
ページトップへ